墓相とは?

墓相は、あまり馴染みがないかもしれませんね。
人相や手相、家相などは知られていますが、同様にお墓にも墓相があります。
墓相は、方角、形、墓石の色などで見ます。
良い墓相で、不幸を避けたいといいことが目的となっています。

 

墓相学は、江戸時代の後期から受け継がれています。
「子孫への災いを避け、幸福を招く」という思想に基づいており、宗教的なものではないため、仏教の教えとは真逆の考え方もあるようです。
仏教においてのお墓に対する考え方は、「仏様と先祖を祀る」ということが基本となっていますが、墓相では「先祖の祟りから家族や子孫を守り、財や健康を守る」という考え方となっています。

 

〈墓相の良いお墓〉
方角は、東南向き。
次々お墓を建てるのは、余裕の証しとして運気がUPし健康と財が守られるとされています。

 

不吉な方角
北西向き:変死、火難、病難、死亡
西南向き:ケガ、自殺、変死、後家、精神病、女人天下
北東向き:変死、自殺、ケガ、相続人家出、急死、夫婦別居、養子相続

 

また、木の下にお墓を建てると、病人が後を絶ちません。
実のなる木の場合は、重症病弱者が出ます。
高圧線や電線の下も良くないことが起こります。

 

〈墓相の良くない墓石〉
赤石系:家庭不和、火災、身体虚弱
青石系:災害、病気
黒御影石:災難、災害、犯罪者
自然石:子孫断絶
猫足型:浪費、家庭不振
特徴ある形:子孫断絶、幼児の死亡

 

そのほか良くない墓相
小石を敷き詰める:異性問題
欠けた石碑:ケガ人、病気
他人の墓地を通らないとお参りできない:商売不振
改宗:家庭内騒動

 

お墓を建てるときには、十分な注意が必要ですね。
しかし、最近は悪徳業者による不当な勧誘もありますので、気を付けてくださいね。